民進・蓮舫氏 立憲・枝野氏と会談

12/25 22:29
民進党の蓮舫元代表は、自身が入党する可能性を示唆した立憲民主党の枝野代表と会談した。蓮舫氏の動向によっては、民進党の「離党ドミノ」が加速する可能性もある。
蓮舫氏と枝野氏は25日午前、議員会館の事務所で、およそ45分間会談し、枝野氏が党の政策や理念などを説明した。
会談後、蓮舫氏は「綱領、政策、特に原発政策について、いい意見交換をした」と述べた。
蓮舫氏の離党や立憲民主党への入党については、話題にのぼらなかったという。
蓮舫氏は、これまで民進党の今後について、「政策を掲げるべきなのに回答がない」などと執行部を批判し、立憲民主党に入党する可能性を示唆していた。
民進党では、これまでに3人が離党届を提出し、立憲民主党に入党を願い出ていて、代表経験者である蓮舫氏の動向次第では、民進党からの「離党ドミノ」が、さらに加速する可能性もある。
また、これまで無所属だった山尾 志桜里議員が、26日に立憲民主党への入党届を提出することが固まった。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース