安倍首相、政権復帰から5年

12/26 12:03
安倍首相が政権に復帰して、26日で丸5年。政権の今後の課題について、政治部・鹿嶋豪心記者がお伝えします。

安倍首相は26日午前9時半すぎ、「この5年間、日々緊張感持って、1日1日、前に進んできた。これからも、全力で、国民のために頑張っていきたい」と述べ、決意を新たにしたが、2018年は内政・外交ともに、安倍政権の真価が問われる1年になるとみられる。
政権復帰以来、株価2倍、名目GDP(国内総生産)過去最高、有効求人倍率も高水準と、経済指標は好転しているが、個人消費の伸びは鈍く、デフレ脱却宣言には至っていない。
また、財政健全化や憲法改正、北朝鮮問題の解決への道筋をつけられるかも課題。
こうした中、閣僚の1人は「2018年の本丸は、憲法改正ではなく、ロシアだ」と指摘している。
つまり、2018年3月にプーチン大統領が再選されれば、北方領土問題の解決に向け、前進するとの期待があり、目を離せない。
安倍首相は、2018年秋の自民党総裁選挙での再選に向け、経済や外交、そして社会保障政策などで、さらに慎重な政権運営が迫られることになる。

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース