貴景勝が新小結に昇進 師匠・貴乃花親方の姿なし

12/26 12:06
大相撲初場所の新番付が発表され、貴乃花部屋の貴景勝(21)が新小結に昇進。26日午前、喜びの会見を行ったが、師匠・貴乃花親方の姿はなかった。
貴景勝は「三役になれたのは、うれしいです。とにかく突き押し、突き押しで、それ一本で戦える力士になりたいです」と話した。
2018年の初場所で新小結に上がる、21歳の貴景勝。
貴乃花部屋からは初めて、三役力士が誕生した。
ところが、両国国技館で行われた会見には、師匠の貴乃花親方は同席しなかった。
貴景勝は「(貴乃花親方から何を学びたい?)全てですけど、一番は精神。食事から睡眠から、全て(相撲に)つながっていると、毎回言っていただいている。しゃべる言葉1つ1つに、意味があると思います」と話した。
貴乃花親方は25日、危機管理委員会の聞き取り調査に初めて応じたが、関係者によると、調査の予定は、先週末に決まっていたという。
その席上で、貴乃花親方は、先日の理事会で提出したとされる文書とほぼ同じ内容をあらためて主張したという。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース