菅長官「北」の動き最大限警戒

12/26 16:39
菅官房長官は、北朝鮮が近く、人工衛星を発射する計画を立てたとの韓国での報道をふまえ、北朝鮮によるさらなる挑発に備え、最大限の警戒監視を行っていることを強調した。
韓国の中央日報は、政府関係者の話として、「最近、北朝鮮が新たな人工衛星を製造し、名前を『光明星5号』と決め、打ち上げが計画されている」と伝えた。
これについて菅長官は会見で、「国民の安全安心を確保する態勢は、常に取り続けている」としたうえで、「今後も、人工衛星打ち上げと称する弾道ミサイルの発射など、さらなる挑発行動に出てくる可能性も考えられるので」、「北朝鮮の軍事動向については、最大限の警戒監視を行って、万全の態勢で取り組んでいる」などと述べ、人工衛星と称する新たな弾道ミサイル発射も含め、北朝鮮に対し、最大限の警戒監視を行っていると強調した。

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース