整骨院院長、脱税で告発 約7,900万円

12/26 20:57
茨城・神栖市の整骨院の院長が、およそ7,900万円を脱税した疑いで、刑事告発された。
刑事告発された、神栖市の「ももの葉鍼灸整骨院」の木村好希院長(46)は、2015年までの3年間に、およそ2億400万円の所得を隠し、所得税およそ7,900万円を脱税した疑いが持たれている。
関係者によると、木村院長は、患者を診察した際に、損害保険会社から支払われる診療費を、妻名義の口座に振り込ませるなどの手口で、収入を少なく見せていたという。
脱税した金の一部は、生活費に充てられていて、木村院長は、「修正申告と納税は済ませた」とコメントしている。

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース