蓮舫元代表が離党届 立憲民主入りへ

12/26 21:09
民進党で代表を務めた蓮舫参院議員が26日夕方、離党届を提出した。この後、蓮舫氏は、立憲民主党の枝野代表に対し、入党届を提出した。
民進・蓮舫元代表は「来年からは心機一転で、一議員として、わたしの求めている政策を実現するための活動を、立憲民主党でさせていただければと思う。(民進党とは)登り方の違いがあった」と述べた。
さらに蓮舫氏は、今後の自らの活動について、「立憲民主党と民進党を、いい形でつなぎ合わせられる」などと語った。
民進党の混乱に責任がある代表経験者が離党を決めたことで、「無責任だ」との批判も上がるとみられる。
立憲民主党は、年内にも蓮舫氏の入党を了承する見通しとなっている。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース