菅長官がけん制「信義に基づき実行を」

12/26 21:38
日本政府は、日本と韓国の合意を、信義に基づいて実行することを求め続ける方針。
慰安婦問題をめぐる日韓合意に関して、韓国外務省が27日に発表する検証結果には、当時の朴槿恵(パク・クネ)政権と、元慰安婦との意思疎通が不足していたと指摘する内容が盛り込まれる見通し。
これについて、菅官房長官は26日、日韓合意は、「両国の首脳が国際社会の前で約束した事実だ」と指摘したうえで、「約束したことは、国際社会も大変高く評価している。そこはやはり、お互いが信義に基づいて実行に移していくことが、極めて大事だ」と述べ、韓国政府をけん制した。
韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相が26日、検証結果の内容に言及したことについて、菅長官は、「韓国外相の発言にコメントすることは控えたい。まだ検証結果は出ていない」と述べた。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース