メドベージェワ選手「個人で平昌」

12/27 06:38
フィギュアスケート女子のロシアのエフゲニア・メドベージェワ選手が、2018年2月の平昌(ピョンチャン)オリンピックに、個人資格での出場を希望すると、FNNの取材に対し明らかにした。
メドベージェワ選手は26日、モスクワで、「わたしにとって人生初の五輪なので、ぜひ出たい」と述べ、平昌オリンピックに、個人資格での出場を希望すると明らかにした。
ロシアは、組織ぐるみのドーピング問題で、国際オリンピック委員会から、平昌オリンピックへの選手団派遣を禁止された。
個人資格での出場は可能だが、メドベージェワ選手はこれまで、出場について明言していなかった。
平昌オリンピックの金メダル有力候補のメドベージェワ選手は、足のけがで、代表選考会を兼ねるロシア選手権を欠場したが、2018年1月に行われるヨーロッパ選手権に向けて、練習を再開したことを明らかにしている。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース