米が「北」高官を制裁対象に

12/27 12:04
アメリカ財務省は26日、北朝鮮のミサイル開発などで中心的な役割を果たしたとして、北朝鮮の高官2人を、制裁対象に追加したと発表した。
アメリカ財務省は26日、ICBM(大陸間弾道ミサイル)の開発で中心的な役割を果たしている朝鮮労働党軍需工業部の李炳哲(リ・ビョンチョル)第1副部長と金正植(キム・ジョンシク)副部長を、新たに制裁対象に加えたと発表した。
2人は、7月や9月のミサイル発射の際、金正恩(キム・ジョンウン)委員長の横で、その様子を見守った高官で、国連の安全保障理事会も22日に採択した決議で制裁対象に加えていた。
アメリカの制裁対象になると、国内の資産が凍結されるほか、アメリカ人との取引もできなくなり、ムニューシン財務長官は、「弾道ミサイル開発のリーダーを標的にしたものだ」と強調している。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース