フジモリ元大統領が国民に謝罪

12/27 12:57
大統領在任中の人権侵害などで禁錮25年の刑に服し、政府から恩赦を与えられたペルーのアルベルト・フジモリ元大統領が、26日、国民に対し「心から許しを請いたい」と謝罪した。
フジモリ元大統領は「心から許しを請いたい」と述べた。
フジモリ元大統領は26日、恩赦決定後、初めて自身のフェイスブックに病床から映像を投稿し、「わたしの政権下で、国民の一部を失望させたことは認識している」、「心から許しを請いたい」と謝罪した。
また、恩赦を認めたクチンスキ大統領に対し、「どんなに感謝してもしきれない」と述べ、大統領の呼びかけている和解を支持する意向を示した。
フジモリ氏の恩赦決定をめぐっては、反対する閣僚が辞任したほか、大規模な抗議デモが行われ、ペルー国内で賛否が大きく分かれている。

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース