調査報告「批判は免れない」

12/27 13:02
大手繊維・化学メーカー、東レ子会社によるタイヤ素材などの検査データ改ざん問題で、有識者委員会による調査報告書が公表された。
報告書では、品質保証に対する子会社の経営層の関心が低かった点を挙げ、「品質に対する顧客の信頼を損ねる行為であり、批判は免れない」と指摘した。
一方、不正は、2代にわたる品質保証室長によって行われ、「組織的な関与はない」としている。
そのうえで、親会社である東レに対しては、再発防止に向けて、組織上の体制を改めることなどを提言した。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース