ドカ雪に「チェーン難民」続出

12/27 17:30
低気圧が、寒気をぐっと日本列島に引き寄せるという解説があるが、北日本から冬将軍が南下している。関東や東海地方でも、まとまった雪が降った。
大荒れとなった、青森市内。
取材していたアナウンサーに吹きつける雪は、強い風に乗って、バチバチと音を立てていた。
台風並みに発達した低気圧が居座る中、影響は北日本以外にも。
27日午前6時半すぎのJR岐阜駅前。
雪は、夜明けが近づくにつれ、強さが増し、歩道にも、うっすらと雪が積もり始めていた。
西高東低の冬型の気圧配置が強まり、師走の空は、これまで降っていなかった関東や東海地方にも雪をもたらした。
群馬・みなかみ町は、かなりの積雪となった。
雪とともに風も強く、目を開けているのがやっと。
26日夜からの雪で、大人のひざ上まで雪が積もった群馬・みなかみ町。
ベンチの上には、まるで、かまぼこのように、こんもりと雪が乗っていた。
26日夕方からの24時間の積雪量を見ても、群馬県を中心に、北関東の山沿いで相当な量が降ったことがわかる。
みなかみ町藤原では、午後3時までの24時間に100cmの雪が降った。
そして、雪のみなかみで取材班が遭遇したのは、突然の大雪で車が立ち往生してしまったチェーン難民たちだった。
27日、群馬・みなかみ町で大雪取材をしていたスタッフが遭遇したのは、コンビニの駐車場でタイヤにチェーンを巻いていた男性。
男性は「(どこから来た?)埼玉です。結構(雪が)降っていたんで、スタッドレスにチェーンもつけようかと思って」と話した。
スタッドレスタイヤを履いてスキーに来たものの、あまりの積雪に、チェーンを装着しようとしていた。
しかし、なんと、足元は素足にサンダル履き。
さらに背中には、作業している間にも雪が積もっていた。
男性は「(足の指の感覚ある?)いや、なんとなく、なんとか」、「(どれくらいの時間作業を?)いや、もう20分くらいかかっちゃって。年に1回やるかやらないかなんで、もう忘れちゃいますね。あれ? どうだったっけとか」と話した。
暖かい車内には、娘さんと友達の姿が。
結局、自力での作業は断念。
近くにあるという宿泊先で、チェーンを巻いてもらおうと、おそるおそる走り去っていった。
一方、ガソリンスタンドでタイヤにチェーンを装着してもらっていたのは、26日、千葉県から1泊旅行に来ていた、その名も千葉真一さん。
千葉さんは「雪がなくて、きのう来た時点では。『温泉楽しいね』なんて言ってて、じゃあ帰ろうかって、(駐車場に帰って)来たら、すごい積もっていた」と話した。
千葉さんとは、みなかみ町にある道の駅の駐車場で遭遇。
26日から止めていたという車が、一夜にして雪で埋まってしまっていた。
千葉さんは「(ノーマルタイヤ?)普通です。だから、ガソリンスタンドに行って、買って帰ろうかと、チェーンを」と話した。
26日は、雪がほとんど積もっておらず、十分ノーマルタイヤで来られたのだという。
しかし、この大雪では、帰るに帰れないと、チェーンを買いに、奥さんと近くのガソリンスタンドへ。
ところが、なんと、定休日。
まさかのチェーン難民となってしまった千葉さんは、道の駅に家族を残し、別のガソリンスタンドまで、慎重に車を走らせてやってきた。
ようやくチェーンが買えると思いきや、なんと、サイズの合うチェーンが品切れだった。
結局、地元・千葉の友人にSOS。
直線で110km以上ある、みなかみまで、チェーンを持ってきてもらうことにした。
千葉さんは「呼ぶしかなかったですね、友達を。購入してくるので、4時間ぐらいかかる」と話した。
長野県内では、雪が降り積もった長野自動車道から、トラック2台が道路下に転落する事故も発生。
27日夜から28日にかけても、山沿いでは大雪の可能性があり、特に車の運転には注意が必要。

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース