「核のゴミ」意見交換会で動員メール

12/27 21:05
政府などが開催している、「核のゴミ」に関する市民向けの意見交換会で、原子力発電環境整備機構が、東京電力の職員に出席を呼びかける動員メールを送っていたことが明らかになった。
原子力発電環境整備機構の調査チームの会見によると、出席を呼びかけるメールは、東京電力の複数の職員に送られ、電力関係者の出席者は、少なくとも67人いたという。
意見交換会をめぐっては、謝礼を約束して学生を動員した問題が明らかになっているが、その際、主催者側が「『お金がもらえるから来た』などは、絶対に言わないでください」などと、事前に口止めしていたことも、新たに明らかになった。
機構では、意見交換会を中断し、再発防止策を検討するとしている。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース