日本政府、合意変更しないよう求める談話

12/27 21:51
いわゆる従軍慰安婦問題の最終的な解決を盛り込んだ日韓合意に関し、韓国外務省の作業部会が「問題は再燃する」などとした検証結果を発表したことについて、日本政府は、日韓合意を変更しないよう、韓国に強く求める談話を発表した。
西村官房副長官は「日韓合意を履行するうえで、それを難しくするような内容が含まれていれば、わが国として受け入れられないということです。北朝鮮の今の状況を鑑みれば、日韓両国が、さらに緊密に連携しないといけない時でありますので、そのことも韓国側には認識していただきたいと思います」と述べた。
韓国外務省の作業部会が発表した検証結果について、日本政府は、河野外相の談話を発表した。
大臣談話では、日韓合意について、「両政府間において、正当な交渉過程を経てなされたもので、合意に至る過程に問題があったとは考えられない」と、政府間の正式な合意だと強調した。
そのうえで、「合意を変更しようとするのであれば、日韓関係がマネージ不能となる」と、韓国側の姿勢は受け入れられないとの立場を示したうえで、「最終的かつ不可逆的な合意だ」として、着実な実施を韓国に対し、あらためて求めた。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース