アルペン・湯浅直樹 最愛の娘に誓った活躍

12/29 01:24
短いコースの中で、60回以上のターンが求められ、わずかなミスでも命取りとなる、アルペンスキーの回転。
緊迫の代表選考会で、その実力を見せたのが、2度のオリンピック出場経験を持つエース・湯浅直樹選手(34)だった。
雪面をしっかりとらえ、スピードに乗ると、観衆もくぎづけ。
3度目となる大舞台への切符をつかみ、最愛の娘に活躍を誓った。
平昌(ピョンチャン)オリンピックに内定した湯浅選手は、「こうやって最愛の娘に、父親の勇敢に戦う姿を見てもらって、反抗期のときに、思い出してもらえればいいと思う」と話した。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース