スピードスケート男子 小田が国内最高記録

12/30 02:16
スピードスケート男子1,500メートルで、25歳の小田卓朗選手が会心の滑りを見せた。
磨きをかけたコーナリングでスピードにのり、1分45秒91の国内最高記録をマークした。
初のオリンピック代表を確実にした。
小田選手は「オリンピックでのメダル獲得が、手の届くところまで来ていると実感しているし、充実感でいっぱい」と話した。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース