29日のNY株 3日ぶりに反落

12/30 10:49
2017年最後の取引となった29日のニューヨーク株式市場は、3日ぶりに反落して取引を終えた。
29日は、年末休暇に入った投資家が多く、取引が見送られる中、金融株やアップルなどのハイテク株が売られ、相場の重しとなった。
結局、ダウ工業株30種平均は、前の日の終値より、118ドル29セント安い、2万4,719ドル22セントで、2017年最後の取引を終えた。
また、ハイテク株中心のナスダック総合指数も、46.77ポイント下げて、6,903.39だった。
2017年のダウは、1月に初めて2万ドルの大台を突破し、10月に2万3,000ドル、11月に2万4,000ドルを超え、1年間で25.1%上昇し、2年連続で前の年を超えた。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース