一般参賀 皇居に6万人超 眞子さま最後の参列

01/02 12:12
皇居では、新年恒例の一般参賀が行われている。
天皇陛下は、「新年おめでとう。本年が、少しでも多くの人にとり、穏やかで心豊かな年となるよう願っております」と述べられた。
天皇皇后両陛下は、午前中に3回、皇太子ご夫妻や秋篠宮ご夫妻など皇族方とともに、皇居・宮殿のベランダに立ち、笑顔で手を振られた。
2018年11月に結婚を控えた眞子さまは、2日が最後の一般参賀となり、94歳の三笠宮妃百合子さまも、1回目の参賀に出席された。
2019年4月末に陛下の退位が決まり、皇居前には、早朝から長い列ができたことから、開門が15分早められ、午前11時半現在で、およそ6万3,000人が皇居を訪れている。
一般参賀は、午後も1時半と2時20分の2回行われる。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース