大阪大出題ミス 予備校講師語る

01/08 06:23
大阪大学が2017年の入学試験で誤って30人を不合格としていた問題で、問題のミスを指摘した予備校講師が取材に応じ、大学とのやり取りについて語った。
大阪大学によると、出題ミスがあったのは、2017年2月に実施された入学試験の物理の問題で、解答が3つあるのに1つの解答だけを正解とし、さらに、その解答を前提として、次の問題を出していた。
この問題ミスを大学に指摘した予備校講師・吉田弘幸さんは、大学とのやり取りを「(問題について)設定が不自然ではないかと指摘させていただいて、(これに対しては)大学の解答ですね、結論、これだけが知らされてきました。出題者側に勘違いがあるのではと思い、その点をもう一度、メールで指摘させていただいた。これについては、大学からの回答はいただけませんでした」と語った。
大阪大学は、不合格としていた30人を、新たに合格とすると発表し、希望者は、2018年4月からの入学を認めるという。 (関西テレビ)

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース