小泉元首相「原発ゼロ法案」発表

01/10 21:51
脱原発を訴える小泉 純一郎元首相は10日、国会内で記者会見を行い、「原発ゼロ法案」を発表したほか、「安倍政権での原発ゼロはもう難しい」と述べて、ポスト安倍を見据えて、原発ゼロ運動を継続する考えを示した。
小泉元首相は「今までの言動を見ていると、もう安倍政権では、この原発ゼロを進めるのは、もう難しいんじゃないかと思っています」と述べた。
小泉元首相は、「原発ゼロ・自然エネルギー推進連盟」のメンバーとともに会見し、原発ゼロの具体化のため、原発の即時停止や、2050年までに電力供給を100%自然エネルギーとすることなどを盛り込んだ、「原発ゼロ・自然エネルギー基本法案」を発表した。
22日開会予定の通常国会での提出に向け、与野党に協力を呼び掛けた。
会見で小泉氏は、「安倍政権で原発ゼロを進めるのは難しい」としたうえで、「近い将来、必ず原発ゼロは国民多数の賛同を得て実現する」、「それは、そんな遠い将来じゃない」と述べ、原発ゼロに向けた取り組みを続ける考えを強調した。
また、原発ゼロの推進連盟のメンバーは午後、基本政策で「原発ゼロの1日も早い実現」を掲げる立憲民主党に、原発ゼロ法案を説明した。
立憲民主党は、通常国会で骨子をまとめたうえで、原発ゼロ法案の提出を目指している。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース