日本海側、きょうも雪に警戒

01/11 06:21
強い冬型の気圧配置の影響で、11日も日本海側を中心に、大雪や雪崩に警戒が必要となる。
今シーズン最も強い寒気の影響で、11日も日本海側を中心に、雪の続くところが多くなるとみられる。
また、全国的に風が強く、特に北海道は、昼前から局地的に猛吹雪になるおそれがある。
12日午前6時までの24時間に降る雪の量は、いずれも多いところで、北陸で70cm、北海道で50cm、東北・関東甲信・東海地方で40cmなどとなっている。
大学入試センター試験が始まる13日ごろにかけても、雪の量が多くなる見込みで、交通機関の乱れなどにも警戒が必要となる。

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース