ホンダ「N-BOX」が初のトップ

01/11 20:39
ホンダの「N-BOX」が初のトップだった。
日本自動車販売協会連合会と、全国軽自動車協会連合会が発表した、2017年の車名別新車販売台数によると、ホンダの軽自動車「N-BOX」が21万8,478台(前年比17.2%増)で、初めて1位になった。
ホンダの車が年間トップになったのは、2002年の小型車「フィット」以来、15年ぶり。
2位は、2017年1位だったトヨタ自動車のハイブリッド車「プリウス」(16万912台、同35.2%減)、3位は、ダイハツ工業の軽自動車「ムーヴ」(14万1,373台、同38.0%増)だった。
上位10車種のうち、6車種を軽自動車が占めている。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース