政府専用機 部品の一部紛失

01/12 06:33
安倍首相は、12日からバルト三国などを歴訪するが、出発を前に11日、政府専用機で、部品の一部が飛行中になくなっていたことが明らかになった。
部品が紛失したのは、2機ある政府専用機のうちの1機で、11日昼、羽田空港から新千歳空港に移動したあとの整備で、部品の紛失が見つかった。
なくなったのは、右の主翼と外側エンジンの結合部分の縦38cm、横20cm、重さおよそ500グラムの金属部品。
航空自衛隊は、出発までにスペア部品で整備し、外遊では、予備機として運用するとしている。
部品は発見されていないが、けがなどの報告はないという。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース