雪で立ち往生のJR信越線 運転再開

01/12 11:18
新潟・三条市で11日夜、雪の影響でJR信越線の列車が動けなくなり、乗客およそ430人が、一晩列車の中に取り残された。
11日午後7時前、三条市東光寺で、新潟駅から長岡駅に向かっていたJR信越線の普通列車が、線路上に積もった雪の影響で、走行中に停止した。
JR東日本新潟支社によると、列車内には、乗客およそ430人が取り残され、体調不良を訴えた乗客4人が、11日夜、車内から運び出され、病院に搬送された。
代替輸送手段が確保できず、ほとんどの乗客は列車内で一晩を明かし、家族が迎えに来た乗客を順次降ろしている。
15時間以上が経過した12日午前10時半前、立ち往生していた列車が見附駅に向け、運転を再開した。 (新潟総合テレビ)

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース