土砂崩れで行方不明者43人に カリフォルニア

01/12 19:37
アメリカ・カリフォルニア州南部で9日に起きた大雨による土砂崩れで、現在も43人の行方不明者の捜索活動が続いている。
オプラ・ウィンフリーさんは「ここにはフェンスがあった。近所の家は崩壊している。泥はこんなに深い」と話した。
泥に覆われた自宅の状況を説明しているのは、アメリカの人気司会者、オプラ・ウィンフリーさん。
7日のゴールデングローブ賞授賞式で、セクハラ問題について力強いスピーチを行い、話題となった。
そのわずか2日後の未明、カリフォルニア州南部・サンタバーバラ郡で起きた土砂崩れで、自宅が被害に遭った。
サンタバーバラ郡では、これまでに3歳から12歳の子どもを含む17人が死亡、現段階で43人の行方がわからなくなっていて、地元当局は、立ち入り禁止区域を拡大して、捜索と復旧作業を進めている。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース