文大統領 日韓合意めぐる日本の反応に苦慮

01/13 13:17
韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権が、慰安婦問題の日韓合意をめぐる日本の反応に苦慮している。
文大統領は1月10日、最終的かつ不可逆的に解決することで日本と合意した慰安婦問題について、「日本が被害者に謝罪することが、完全な解決だ」と述べ、事実上合意を否定した。
これに対し、安倍首相は12日、「韓国側がさらなる措置を求めることは、全く受け入れられない」と、強く反発した。
安倍首相の発言を受け、韓国外務省は12日、「日本に対して追加措置は求めていない」、「被害者は謝罪を求めている」とするコメントを出した。
文政権は慰安婦問題をめぐり、合意破棄を求める支持勢力と、反発する日本との間で板挟み状況となり、苦慮している。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース