安倍首相、バルト3国訪問 成果は?

01/14 14:23
安倍首相は、ラトビア、リトアニアなどバルト3国を訪問し、首脳会談で北朝鮮への圧力強化を図ることで一致した。
安倍首相は2018年、独立100周年を迎えるバルト3国を、日本の首相として初めて訪問し、各国の首脳に、北朝鮮への圧力強化に向けて、理解を求めた。
安倍首相は「北朝鮮についても、圧力強化や拉致問題等、大変有意義なやりとりを行うことができました」と述べた。
安倍首相は、北朝鮮の弾道ミサイルは、「ヨーロッパも射程に入る」と指摘し、北朝鮮と国交を持つラトビア、リトアニアとの連携強化を図った。
このあと、第2次大戦前に、リトアニアで難民救済のため「命のビザ」を発給した外交官・杉原千畝氏の記念館を訪れたのち、ブルガリアなど東欧3カ国を訪問予定。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース