対「北」圧力高める方針変わらず

01/18 19:31
平昌(ピョンチャン)オリンピックでの韓国と北朝鮮の南北合同チーム結成など、南北協議で融和的な動きが広がっていることについて、菅官房長官は、北朝鮮に対して圧力を高める方針に変わりはない考えをあらためて示した。
菅官房長官は、「北朝鮮は、核・ミサイルこの開発を継続し、わが国としては、韓国側から今回の協議結果について、しっかりと情報提供受けながら、今後の対北朝鮮政策のすり合わせを行っているところです」と述べた。
菅官房長官は、南北協議が融和ムードの中進んでいる一方で、北朝鮮は、核ミサイル開発を進めていると指摘した。
そのうえで、日韓や日米で圧力を強化の方針を確認しているとして、これまでの姿勢に変わりはないことを強調した。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース