イチロー 地元・中日がラブコール

01/20 02:10
あのレジェンドが、18年ぶりに帰ってくるかもしれない。
中日ドラゴンズが、イチロー選手(44)の獲得を目指し、正式にオファーしていることがわかった。
愛知県出身のイチロー選手は、地元の強豪・愛工大名電で2度、甲子園に出場。
子どもの頃から中日ファンで、オリックスに入団後の1994年、勝った方がリーグ優勝となる、伝説の「10.8」、中日対巨人戦を、スタンドで生観戦していた。
また毎年、愛知で自身が大会長を務める「イチロー杯」を開催。
地元のスターとして、少年たちに夢を与えている。
2017年12月、この場で去就についてもコメントしていた。
イチロー選手は「可能性という言葉を使うなら、いろんなことがあるね」、「44歳も頑張ろうと、これからまだまだ思っています」などと話していた。
そんな中、動いた中日。
森監督も「話は進めている」とコメント。
イチロー選手の動向を見守っている状況だが、日本球界復帰となれば、18年ぶりにプレーする姿を見られるかもしれない。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース