就任1年・節目の日に 米政府一部閉鎖へ

01/20 18:01
トランプ大統領の節目の日に、異例の事態。アメリカ議会上院は、与野党の対立で、予算を成立させることができないまま、期限切れを迎えた。これによって、トランプ大統領の就任から1年目となる20日、一部の政府機関が閉鎖される事態となった。
議会上院は、新たなつなぎ予算の採決を試みたものの、トランプ政権の移民政策に民主党などが反発し、可決のための必要な議席数が確保できず、日本時間の20日午後2時、期限切れとなった。
これを受けて、一部の政府機関は今後、閉鎖状態となる見通し。
政府閉鎖は、2013年のオバマ政権以来で、このまま成立しない状況が続けば、週明け以降、国立公園や博物館など、多くの連邦政府機関が閉鎖することになり、混乱は拡大するとみられる。
この事態を受けて、ホワイトハウスは、「国民を人質にとった妨害主義者だ」などと民主党を批判、トランプ大統領も民主党への攻撃を続けている。
トランプ大統領にとっては、政権誕生から1年の記念日を、政府閉鎖の中で迎えるという異例の事態となるが、トランプ大統領の過激な移民政策が混乱を引き起こした結果ともいえる。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース