卓球全日本選手権 みまひなペア、笑顔の初優勝

01/20 18:50
卓球の全日本選手権。世界選手権で銅メダルの「みまひな」ペア。伊藤美誠選手(17)と早田ひな選手(17)のスーパー女子高校生ペアが、大会初優勝を目指す。
ともに17歳の伊藤選手と早田選手。
「コンビを組んで日本の大会に出るのは初めて」といいながらも、持ち味を十分に発揮した。
早田選手の長身を生かした力強いドライブ。
そして伊藤選手は、早い打点からのキレのあるショット。
第1ゲームを奪われながらも、3ゲームを連取し、3 - 1で逆転勝ち。
17歳「みまひな」ペアが、笑顔の初優勝を果たした。
早田選手は「美誠と組んで優勝することができたので、本当にうれしいです」と話した。
伊藤選手は「本当に、『うれしい』というよりも、『ホッとした』というのが一番です」と話した。
一方、男子は、準決勝で注目の対決が実現。
日本のエース・水谷 隼選手(28)と、14歳の張本智和選手が、ダブルスで激突した。
張本選手が素早いフォアでポイントを奪えば、水谷選手も「お返し」とばかりに、強烈なフォア。
そして、息をもつかせぬ高速ラリーの応酬。
互いに1歩も譲らぬ激戦となったが、試合を制したのは、3 - 1で、ベテランの水谷・大島ペア。
続く決勝も勝利し、このペアとして初優勝を果たしている。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース