平昌五輪の滞在費負担めぐり、「北」が警告

01/20 19:38
北朝鮮が、2月に開かれる平昌(ピョンチャン)オリンピックに参加する際の滞在費負担をめぐり、「国連の制裁に違反する」との指摘が出ていることについて、北朝鮮メディアは「南北関係改善の機会を壊す」と警告した。
北朝鮮メディアは20日、韓国側が北朝鮮代表団などの滞在費や移動費を負担した場合、国連の制裁違反になるとの指摘が出ていることに関して、「南北関係改善の雰囲気を曇らせている」と非難した。
そのうえで、韓国側が「制裁違反にならないよう、国連やアメリカと緊密に協議する」との立場を示したことに対して、「客を招いておきながら無礼な行動だ」と反発し、「関係改善の機会を壊す結果をもたらす」と警告した。
「南北対話の取りやめ」をちらつかせることで、韓国側を揺さぶる狙いがあるとみられる。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース