「ジャパンライフ」全国弁護団発足へ

01/20 20:28
消費者庁から4度の業務停止命令を受け、2017年12月、事実上倒産した「ジャパンライフ」について、全国弁護団の立ち上げが決まり、債権者による破産申し立てをする方針を確認した。
20日午後、愛知・名古屋市中区で開かれた会議には、ジャパンライフの被害対策に取り組む東京や大阪などの弁護士ら、およそ20人が参加した。
会議では、顧客の中には6億円を投資した人もいるなどといった被害情報を交換したほか、「全国ジャパンライフ被害弁護団連絡会」の立ち上げが決まった。
今後は、被害実態の把握を進めるとともに、顧客らがジャパンライフの破産を申請する、「債権者破産申し立て」をする方針。
ネックレスなどの健康器具の販売をする「ジャパンライフ」は、多額の債務超過を隠して顧客と契約するなどし、行政処分を受けて、12月、事実上倒産している。 (東海テレビ)

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース