米 一部政府機関閉鎖で市民生活に影響も

01/21 06:35
アメリカ連邦政府の暫定予算が成立しなかったことを受けて、20日から一部の政府機関が閉鎖され、市民生活に影響が出始めている。
首都ワシントンでは、ホワイトハウスのビジターセンターや植物園などが閉鎖され、困惑する市民の姿が見られた。
ニューヨークでも、観光名所の「自由の女神像」が閉鎖され、観光客らは、急きょ予定を変更せざるを得なくなった。
日本人観光客は「ずっと自由の女神が見たくて、チケットも取ったんですけど...」と話した。
また、アメリカ軍関係者向けのラジオ放送も停止され、影響が広がっている。
予算が成立せず、政府の施設が閉鎖されるのは、およそ4年ぶりで、市民生活や経済への損害が拡大するのを回避するため、与野党は協議を始めているが、移民政策をめぐる溝は埋まらず、事態打開のめどは立っていない。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース