十両・大砂嵐、「無免許」で書類送検へ

01/22 12:32
相撲界に、また不祥事。十両・大砂嵐が、追突事故を起こしていたことがわかった。警察は、無免許運転の疑いで、大砂嵐を書類送検する方針。
日本相撲協会によると、大砂嵐と妻が乗った車が、1月3日、長野県の山ノ内町で、追突事故を起こしたという。
捜査関係者は、防犯カメラなどの映像から、運転していたのは大砂嵐とみて、無免許運転の疑いで書類送検する方針。
一方、大砂嵐は、日本相撲協会の聴取に対し、「運転は妻がしていた。妊娠中だったので、かばおうと運転席に行った」と話し、無免許運転を否定している。
大砂嵐の師匠・大嶽親方は「相撲を愛していただいている皆様方に、心よりおわび申し上げます。申し訳ございません」、「本人は『自分は運転しておりません』という...。(何と言っている?)『すみません』としか言わない。(理由は?)言わないです」と話した。
大砂嵐は、相撲を取ることができる状況にないということで、22日の初場所9日目から休場することになる。
大砂嵐は、エジプト出身の25歳。
2012年に初土俵、2013年の九州場所で、アフリカ大陸出身の力士として初めて、新入幕を果たした。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース