関東・甲信越で大雪 死者2人、けが人715人

01/23 12:00
雪の影響で、関東各地で事故が相次ぎ、少なくとも600人以上がけがをしたほか、一部で交通機関の乱れが続いている。
22日は、関東の平野部で4年ぶりの大雪で、東京都心で23cm、群馬・前橋市で29cmの積雪を観測した。
雪の影響とみられる事故も相次いでいる。
茨城・行方(なめがた)市で、乗用車と貨物自動車が衝突する事故があり、乗用車を運転していた52歳の女性が死亡した。
いずれの車も、ノーマルタイヤを着用していて、警察は、スリップした可能性もあるとみて調べている。
FNNのまとめでは、これまでに、関東の1都6県で、少なくとも2人が死亡したほか、715人のけが人が出ている。
一方、物流各社によると、関東甲信地方発着の荷物の配達に遅れが発生する見込みで、この雪の影響は、しばらく続くとみられる。

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース