大砂嵐「自分が運転」認める

01/23 13:55
大相撲十両の大砂嵐の乗る車が追突事故を起こした問題で、大砂嵐が警察の調べに対し、「自分が運転していた」ことを認めていたことが、捜査関係者の取材でわかった。
1月3日、大砂嵐が乗った車が、長野・山ノ内町のスキー場近くの県道で、追突事故を起こした。
捜査関係者によると、大砂嵐は、警察の調べに、当初は「一緒に乗っていた妻が運転していた」と説明していたが、その後、自分が運転したと認めたという。
警察は、防犯カメラの映像や、被害者の証言などから、大砂嵐が運転していたとみて、無免許運転の疑いで書類送検する方針。
大砂嵐は、日本相撲協会の聴取に「妻が運転し、妊娠中だったので、かばおうと事故直後に運転席にいった」と話し、運転を否定している。

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース