MIYAVIさん 国連本部で演奏

01/23 20:17
「サムライギタリスト」として知られる日本人ギタリストが、国連本部で難民への理解を訴えた。
日本人で初めてUNHCR(国連難民高等弁務官事務所)の親善大使を務める、ギタリストのMIYAVIさんが、22日、アメリカ・ニューヨークの国連本部で演奏を披露した。
MIYAVIさんは、中東の難民キャンプなどで、子どもたちに向けた演奏を行っていて、今後も親善大使として、難民への理解を世界に訴えていくとしている。
演奏を聴いた人は「音楽が表現する難民の物語を聴いたり、みんなが聴く音楽が影響力を持つことはいいことだと思う」と話した。
UNHCR親善大使・MIYAVIさんは「(子どもたちの目は)やっぱりきれいなので、それを守るのが、僕たちの使命なんじゃないかなと本当に思います」と話した。

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース