あらためて警戒呼びかけ 草津白根山噴火

01/23 21:17
23日午前、噴火した草津白根山の活動状況について、気象庁は、火山性の地震が引き続き継続しているとして、あらためて警戒を呼びかけた。
気象庁によると、午前9時59分に火山性微動が発生して以降、火山性微動は発生していないという。
噴火後に断続的に発生していた火山性の地震は、午後4時までに、382回観測されているが、徐々に減少してきているという。
噴火にともなう灰は、本白根山から北東方向におよそ8km離れた、群馬の中之条町でも確認されている。
また気象庁は23日、上空から観測を行う予定だったが、天候不良のため、火口付近の様子は確認できなかったという。
気象庁は、火口からおおむね2kmの範囲では、噴石などに注意をするとともに、雪崩が発生したとの情報もあることから、警戒を呼びかけている。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース