逃げ場がない...緊迫 噴火の瞬間

01/24 11:55
23日に噴火した群馬県の草津白根山。1人が死亡、11人が重軽傷を負った。被害は、噴石によるもので、スキー場に偶然居合わせた人たちが、突然の噴火の瞬間を撮影していた。
白銀のスキー場を進むゴンドラ。
次の瞬間。
ゴンドラの乗客は「なんだ、あれ、噴火してる」、「やばい。これは、やばいですよ」などと話した。
山肌から、突然立ちのぼった真っ黒な噴煙。
山頂付近に居合わせた人がとらえた、噴火発生時の映像。
ゴンドラの乗客は「これは、やばいぞ」、「こっちだよね、しかも、風向きね」などと話していた。
ゴンドラの方に向かってくる噴煙。
そして、噴石が当たり、バチンバチンと音を立てるゴンドラ。
噴煙が押し寄せ、視界を奪う。
別のゴンドラでも、噴煙が押し寄せていた。
ゴンドラの乗客は「えっ マジで」、「こんなことあるんだ」、「噴煙ですよね、これ。これ、やばいね」、「うわー、めっちゃ揺れてる」、「これはやばいね。噴火だ」、「これ(ゴンドラに)乗っててよかった」、「これ、下に生身でいたらやばかったですね」などと話していた。
噴石が収まり、再びロープウエーが動き出すと、周囲は、灰色の世界に様変わりしていた。
山肌には、倒れている人の姿。
救助活動をする様子が確認できる。
そして、スキー客らおよそ80人が一時避難していたロープウエーの山頂駅では、停電した室内でヘルメットをかぶり、救助を待つスキー客ら。
その頭上を見上げると。
撮影者は、「屋根突き破って、石が下に落ちています。重い」と話した。
噴石が天井を突き破り、破片が床に散乱していた。
撮影した人は「どうすることも、逃げ場もないので、どれくらい続くかもわからなかったので、すぐに噴煙に巻き込まれるなというのは予想がついたので、心配はありました」、「(ゲレンデに降りてきた心境は)ホッとしたといえば、ホッとした感じ」などと話した。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース