過去最強クラス寒波が襲来 記録的大雪も

01/24 12:25
過去最強クラスの強い寒気の影響で、24日朝は、全国的に厳しい冷え込みとなった。厳しい寒さは、今週いっぱい続くとみられる。
関東地方では、24日朝の最低気温が、多くのところで氷点下となった。
22日に降った雪が残る首都高速では、現在も広い範囲で通行止めが続いている。
西日本でも厳しい冷え込みで、最低気温が氷点下3.1度となった島根・松江市の宍道湖では、湖の横の手すりに、無数のつららが。
鳥取市で、街の人は、「こんなに雪が降ってるとは思わなかったので、ちょっと滑りますね、革靴ですので」と話していた。
このあとも日本海側では、北陸を中心に、27日ごろにかけて大雪となるおそれがある。
また、東海地方にも雪雲が流れ込み、愛知・名古屋市付近でも、25日にかけて積雪の可能性がある。
25日午前6時までの24時間に予想される降雪量は、多いところで、北陸で100cm、東北、関東甲信、東海の山沿いで80cmなどとなっている。
全国的に厳しい冷え込みは、今週いっぱい続き、寒さの底は25日朝となる見通し。
東京の25日朝の最低気温は、氷点下3度の予想で、東京で最低気温が氷点下3度以下となれば、34年ぶりの記録となる。

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース