仏政府 パリ万博招致を断念

01/24 15:33
フランス政府が、パリ万博の招致を断念。
フランスの万博招致委員会は22日、大阪など世界4つの都市が招致活動を行っている2025年の国際博覧会をめぐり、首相府から財政上のリスクがあるとして、立候補撤退の連絡があったと明らかにした。
フロマンタン委員長は、ツイッターで、フィリップ首相の判断は「理解できない」と批判し、22日の会見で、別の形での開催を目指すことを明らかにした。
これまでに、首相府とBIE(博覧会国際事務局)は、公式なコメントを出していない。
フランスの撤退で、残る候補地は、大阪とロシア中部のエカテリンブルク、アゼルバイジャンの首都バクーの3都市となる。

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース