東京2020大会で調整会議

01/24 17:03
2020年東京オリンピック・パラリンピックに向け、政府、大会組織委員会、東京都などが重要事項を話し合う調整会議が、1年4カ月ぶりに開催された。
組織委員会・森 喜朗会長は、「調整会議が再開する運びになったことで、今後は、これらの重要なことをこの場で調整させていただきたい」と述べた。
都内で開かれた会議には、組織委員会の森会長、東京都の小池知事ら関係6機関のトップが出席し、競技会場の建設など、大会準備の進捗(しんちょく)状況が報告された。
調整会議をめぐっては、小池知事が「役目は終えたのではないか」と発言していたが、森会長の提案で再開が決まり、2016年9月以来、1年4カ月ぶりに開催された。
小池知事は、「情報共有するということでは、意味のある調整会議だった」と述べた。
調整会議は、聖火リレーなど重要事項の調整に向けて、今後は必要に応じて開催されるという。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース