平昌五輪開会式 安倍首相が出席表明

01/25 00:06
安倍首相は、韓国の平昌(ピョンチャン)オリンピックの開会式に出席する方針を固め、現地で文在寅(ムン・ジェイン)大統領と会談する意向を示した。
安倍首相は「平昌五輪の開会式に出席できる場合、ぜひとも文在寅大統領と会談を行い、北朝鮮に政策を変更させ、核ミサイル計画を放棄させるため、あらゆる方法で圧力を最大限まで高めていくという方針から、ぶれてはならないことを、直接伝えたい」と述べた。
安倍首相は、いわゆる従軍慰安婦問題の日韓合意について、文大統領が「誤りだった」との認識を示す中、「韓国が約束を誠実に履行していくよう、働きかける」と、韓国訪問の意義を強調した。
一方、自民党の会合では、反対論が相次いだ。
自民党の平沢衆院議員は「ただ(首脳会談を)やるだけで、向こう(韓国)のプロパガンダに使われるだけなら、あまり意味ない」と述べた。
出席議員からは、「韓国はオリンピックを政治利用している」など反対意見が相次ぎ、出席撤回を官邸に申し入れることも検討されている。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース