米女子体操 元チーム医に最長175年の禁錮刑

01/25 15:49
女子選手らに対する性的虐待で、アメリカ女子体操のチームドクターだった男に、裁判所は、最長で禁錮175年の有罪判決を言い渡した。
アメリカのオリンピック女子体操代表の元チームドクター、ラリー・ナサール被告(54)は、治療と称して、未成年を含む女性選手らに対する、7件の性的虐待の罪に問われていた。
ミシガン州の裁判所は24日、「再び刑務所の外に出る資格はない」として、ナサール被告に、禁錮40年から175年の有罪判決を言い渡した。
裁判では、オリンピック金メダリストのアリー・レイズマンさんら150人以上が、性的虐待の被害を証言するなどした。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース