寒さで電力使用量が増加 供給力に対し96%

01/25 19:33
厳しい寒さが続く中、東京電力管内で、使用電力が予想最大電力を上回った。
夜になって、さらに冷え込みが進む中、暖房向けの電力需要が増えている。
25日午後6時半時点の速報値で、東京電力管内の電力使用量は5,125万kWで、この時間帯に東京電力が予想していた最大電力量を超える状況が、午後5時すぎから続いている。
東京電力は、東北電力・中部電力・関西電力の3社から電力の融通を受けて対応しているが、電力使用量は、午後6時半すぎ現在、供給力に対し96%で、厳しい状況となっている。
東京電力は、このあと午後7時ごろまで、電力使用のピークが続くとみていて、家庭や企業に対して、暖房の温度設定を低くしたり、使っていない照明を消すなど、節電への協力を呼びかけている。

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース