「北」アイスホッケー選手団 韓国入り

01/25 20:06
平昌(ピョンチャン)オリンピックで、南北合同チームを結成するアイスホッケー女子の北朝鮮の選手団が25日、韓国代表が滞在する選手村に入った。
25日朝、陸路で韓国入りした、アイスホッケー女子の北朝鮮の選手12人は、正午すぎに韓国代表が合宿を行う鎮川(チンチョン)の選手村に到着した。
選手村では、韓国代表の選手たちから花束をもらい、歓迎を受けた。
北朝鮮アイスホッケー女子監督は「北と南が1つになって、合同チームとして参加することを本当にうれしく思う」と話した。
一方、韓国の大手調査会社は、文在寅(ムン・ジェイン)大統領の支持率が、先週より6.2ポイント下がり、政権が発足してから最低となる、59.8%を記録したと発表した。
南北合同チーム結成で、韓国選手の出場機会が減ることへの反発などが背景にあるとみられている。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース