自民・額賀派 内部分裂の可能性

01/25 20:46
自民党のかつての名門派閥が、内部分裂の可能性。自民党の額賀派に所属する参議院議員が、会長の額賀元財務相に退任するよう求めていることがわかった。
関係者によると、派閥の参院議員は額賀氏に対し、1月中に会長を退くよう求めていて、額賀氏が退任しない場合は、21人の参院議員全員が派閥を離脱し、新たなグループを創設することにしている。
今後の対応は、参院側のトップである吉田参院幹事長に一任されていて、25日に行われた派閥の総会に参院議員は出席せず、別の場所で会合を開いた。
これに対し額賀氏は、記者団に「交代の予定はない」と述べ、引き続き会長を務める意向を表明した。
自民党・額賀派は、かつて竹下元首相や小渕元首相、橋本元首相らを輩出し、党内で大きな影響力を持っていたが、小泉元首相が就任してから支持団体などの力が弱まり、低迷する状態が続いている。

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース