スーパー売上高 2年連続マイナス

01/25 21:01
2年連続のマイナス。
日本チェーンストア協会が発表した、2017年の全国スーパー売上高は12兆9,175億円で、既存店ベースでは、前の年に比べ、0.9%減った。
マイナスは2年連続で、4年ぶりに13兆円を割り込んでいる。
主力の食料品が7月以降、農産品の相場安などを受けて苦戦したほか、天候不順などの影響で、衣料品や日用雑貨などの「住関品」も、動きが鈍かったという。
また、12月は食料品や衣料品が好調で、売上高が1兆2,869億円と、前の年の同じ月に比べ、0.9%増えた。

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース