自民・石破元幹事長 総裁選に向け政策集発表

01/26 09:22
自民党の石破 茂元幹事長は、秋に予定される自民党総裁選挙に向け、自身の主張のベースとなる政策集を発表した。
政策集は、派閥に所属する議員の講演などをまとめたもので、石破氏の専門分野である、憲法改正や集団的自衛権、地方創生などが取り上げられている。
石破氏は、秋の自民党総裁選で、憲法をテーマにした論戦を行うことに期待を示した。
石破元幹事長は、「自民党が綱領において、改憲政党であるとうたう以上、総裁選において、誰が出るにしても、自分は憲法についてこう思うと戦わせるのは、自民党のあり方としてふさわしいと思う」と述べた。
さらに石破氏は、「自民党が中間整理で4項目に絞って議論しているが、ほかにも重要な論点はあると思っている」と強調した。
石破氏としては、憲法改正をはじめとする政策を党の内外に幅広く訴え、総裁選での支持につなげたいものとみられる。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース